日本地名研究所
TOPへ戻る

日本地名研究所からのお知らせ

『地名と風土』第12号が出来ました。

日本地名研究所ニュース  2018年5月10日

お待たせいたしました。

2017年度版『地名と風土』がようやく出来上がりました。

特集Ⅰが、「地名と地域ー地理学・地理教育の立場から」で

地理学、地理教育の一線で活躍されている方たちから貴重な

原稿をいただきました。

特集Ⅱは、今回の出雲大会にむけての「山陰、山の陰の地名

と風土」です。

大会前の事前学習としても最適です。

書店にも卸していますので、会員以外の方でも購入できます。

ぜひ手に取ってみてください。

『地名と風土』第12号      2018年3月31日刊

 

目次

 

巻頭言 地名研究の聖典、風土記の世界          関 和彦  

 

論文  古代のふる里に足跡を残した異郷の人々を探る   太宰幸子

    古代武蔵野の風土と出雲の神々          荒竹清光

    「佐渡地名解」新考               長谷川勲  

 

特集Ⅰ  地名と地域―地理学・地理教育の立場からー

 

    特集企画にあたってー編集担当からひとこと    小林 汎

 アイヌ語地名併記を求めて二〇年         小野有五

    インドシナ半島 外来語地名と民族語地名     蟻川明男

    地図と地名―鳥瞰図の魅力からわかること     藤本一美

    流山市の歴史的地名改変

―社会人講座「千葉県葛飾地域の歴史と地理」実践からー

                       相原正義 

 

特集Ⅱ  山陰、山の陰の地名と風土

    特集企画にあたって               関 和彦

    五十猛(いそたけ)の「カラ」について               三井 淳

    『出雲風土記』の野代海

―杜(もり)から社(やしろ)への試論―      内田律雄

    伯耆国の製鉄とそれに関わる神々と地名      黒田一正

    古代、隠岐島前の風土と地名           関 和彦

    石見相聞化歌における「浦」と「潟」の考察    川島芙美子

    古代山陰道と地名                宍道年弘

連載

    地名研究の先達5 都丸十九一と群馬地名研究会  高橋 治

    アイヌ語と地名 5 カムイがつく地名      児島恭子

    地名学習のすすめ 5 歴史学習における地名()  小田富英

 

地名談話室

     大平哲也・菊地恒雄・久保田宏・佐藤壽子・渋谷とめ子・竹本 伸

中葉博文・野本誠一・吉山 治・若林春次

コラム 沖縄の地名と文化 (松永和子)地名から名字の由来を探る(犬丸慎一郎)

『おもしろ半島ちば』の紹介(関信夫)

編集後記

                   表紙・グラビア写真 板垣宏/文 関和彦

編集委員会 責任編集 関 和彦  

      編集長 小田富英 

      委員  小林汎・菊地恒雄・鈴木茂子・高橋 治・犬丸慎一郎

日本地名研究所へ
会員登録

日本地名研究所の会員になって私たちと一緒に各地域の地名を調査・研究しませんか?

地名に関するご質問等ございましたら
お気軽にご連絡ください。

電話番号:044-812-1106

 受付時間:10:00~16:30

 休業日:水曜日・土曜日・日曜日

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
Facebook