日本地名研究所について

所長あいさつ

日本地名研究所初代所長谷川健一大地に刻まれた地名の声を聞く

 川崎市の一角に日本地名研究所を設立してから29年が経ちました。

 日本の伝統文化の中核となる貴重な遺産である地名を守り研究するために、ささやかではあるが、精一杯努力してきた跡をホームページを通して全国の皆さんに見ていただきたいと存じます。

 この29年の間、日本地名研究所の歩みはけっして平坦なものばかりではありませんでした。研究所設立当初からの念願であった日本地名博物館は、ついに実現には至りませんでした。

 しかし、私共はけっして挫けません。日本地名研究所は、今もって日本人としての誇りの伝統を後世に伝えるための精神の塔であります。二十一世紀を迎えましたが、日本は相変わらず深い混迷の霧に包まれております。この時まず日本人がなすべきことは、自分の立っている大地をよく知ることです。その大地に刻まれた地名の声によく耳を傾けることです。

 さいわいに私共はこの29年の間に、志を同じくする人々を全国に大勢獲得することができました。新しい世紀もこうした方々と手を携え、地名研究の発展に邁進していく所存です。

2010年
日本地名研究所初代所長

谷川健一


日本地名研究所所長 関 和彦大地の産声、生命、それは地名

 研究所創設者、谷川健一所長、継承者、谷川彰英所長の後、第3代所長として日本地名研究所を継ぐことになりました。歴代所長は民俗学、社会学を基底に地名学を極め、研究所を強力に牽引してきました。

 わたしは歴史学に身を置く者であります。地名の成立がいつまでさかのぼるのか、その環境はいかなるものであったか、地名の本質を探る場として歴史学を基底に研究所に集う方々とともに学んでいきたいと思っています。

 地名は大地の具体的様相、そして人びとの生活が織り成した産声であり、それを生命として育て上げてきた地域の人びとの生活文化であります。今、人口減少、一極集中により地方社会の衰徴が急速に進み、集落文化世界の存立も危ぶまれています。それとともに茫洋となるほど長く人びとともに暮らしてきた地名が、今、われわれの時代に衰徴の道へと歩みはじめようとしています。

 地名は大地に刻された文化であります。人びとがともに暮らしてきた地名であります。大地に耳をあてその鼓動を聴き、地名が語る地域の歴史を、今こそ学ぶ時期なのでしょう。

 地名「衰徴の道」ではなく、地名「探求の道」をともに歩みましょう。

2016年6月
日本地名研究所所長

関 和彦

活動情報

日本地名研究所の主な活動情報

日本地名研究所では、谷川健一初代所長の遺志を継ぎ、学際的視点から地名研究をしており、全国の地名研究の団体や個人会員が地名を通して研究調査を行っていることの、センター的役割を担っています。その成果を毎年、全国地名研究者大会を開催して情報交換を行っています。

また、研究交流誌として『地名と風土』を発行し、地名研究の意義や研究方法、先人の研究姿勢を伝えるなど、地名の今日的課題に積極的に関わる雑誌づくりを目指しています。情報交換紙として『日本地名研究所通信』を年4回発行しています。さらに、より身近に地名を知る機会として、年2回「地名探訪」を実施しています。

各地の地名研究団体との情報交換を行い、必要に応じて地名研究所事務局が支援しています。現在、個人会員200名、加盟団体50団体で活動を行っています。

また、地元川崎市において、毎年委託研究事業を行い、地名実践報告書を作成し、川崎市の地名財産として蓄積し、今日までに『川崎の地名』「川崎地名辞典上・下」等を刊行しています。

組織図

活動情報

役員一覧

所 長 関  和彦
理 事 相澤 一男
佐藤 伸二
鈴木 富雄
説田 武紀
太宰 幸子
田中 弘倫
久野 啓介
原   董
評議員 角田 憲治
金田 久璋
桑原 康宏
澤口  宏
園部 正敏
田頭 寿雄
土肥  稔
永瀬 尚武
松尾  裕
村上  均
吉山  治
顧 問 谷川 彰英
馬場あき子
監 事 岡田 栄子
増田 政巳
事務局長 鈴木 茂子

日本地名研究所へ
会員登録

日本地名研究所の会員になって私たちと一緒に各地域の地名を調査・研究しませんか?

日本地名研究所へ
会員登録

日本地名研究所の会員になって私たちと一緒に各地域の地名を調査・研究しませんか?